【WorkeMon】プレイ評価レビュー! ポ○モン風バトル+ブラック企業経営シミュゲーム

WorkeMon

こんちゃ! しるる(@ShiruruApp)です!

今回はQuickTurtleより配信開始したスマホゲーム「WorkeMon」のプレイレビューになります。

本作は、お金持ちのCEO生活を体験できるビジネス経営シミュレーションゲーム。

アプリタイトルが某国民的ゲーム「ポ○モン」に似ているのですが、

社畜を捕まえ給料未払いで労働させるブラック企業ゲーム

WorkeMonにブラック要素はあってもホワイト要素はありません。ポ○モンとは全然違うので安心ですね。

それでは前置きはこの辺にして、紹介とプレイレビューのほう書いていきますよ!

なんかヤバめのゲーム。訴えられたりしない?

大丈夫なんじゃないかな・・・たぶん!

WorkeMon

WorkeMon
開発:QuickTurtle Co., Ltd.
料金:無料
スポンサーリンク

スポンサードリンク

WorkeMonってどんなゲーム?

WorkeMon

『WorkeMon』は、世界で最高の「WorkeMonトレーナー」を目指し育成する経営シミュレーションゲームです。

プレイヤーの目標は8人の兄弟をすべて倒し、世界にいる151匹全てのWorkeMonを捕まえること。

・・・151匹って初代仕様でなんか懐かしいよね。ちなみに今ポ○モンのほうは800匹以上いるみたいだよ。

WorkeMon

ゲームを起動するとオー○ドっぽい老人が現れ、お馴染みのプレイヤーネームと御三家の選択が始まります。

本作は3番目の妻の息子or妹という設定であり、結構この老人がお盛んなご様子。海外ゲームなんで一夫多妻制みたい。

ちなみに肝心のワクモンのほうは通信交換なんてしなくても全部手に入るので好みでOKです。とりあえず筆者はニート経験豊富なひろし君にしました。

フィールドに出かけて社畜をGETだぜ

WorkeMon▲すべてのWorkemonをGETしよう!

 ゲームシステムは健康度(ハート)を消費して、ステージ制のエリアを進入していくスタミナ方式。

スタミナ方式と聞くと面倒くさいという印象はありますが、1秒1ライフ回復なのでかなりサクサクと冒険を進めていけるので快適です。

ゲームの流れとしては「仲間を増やす→社畜労働させる→次の街を解放」といった感じ!

ステージを進めるごとに安くこき使える良い奴隷がみつかりやすいらしい。

WorkeMon

ワケモンバトルでは相手の「希望する給与」「自尊心」を削りきるブラックバトル。

簡単にまとめると希望給与を削りに削りまくって、自尊心も減らしまくって無理矢理社員化!

給与は減らしすぎるとGETする確率が下がるのでなかなかに難しい。使えない社員がきたらこちらから拒否することもできるよ。

有能で安く使える社員を探す・・・! いらないのは解雇!

WorkeMon

ボールではなく契約書をぶん投げてワケモンGET!

別にタイミング良くタップしても確率は上がったりはしないよ。

給料は払わなくてもよい、ひたすら働かせろ

WorkeMon

捕まえた社員は自動で経験値やお金を量産してくれます。放置系ゲームのような方式ですね。

長く勤めている社員を昇格させたり、拷問訓練をすることでより効率的にお金を生み出すことも可能。

その他にも祖探しというパワハラ方式で社員に活をいれることもできる。なかなかのブラック企業だ!

WorkeMon

月末の給料払いは「支払うかどうか」から選ぶことも可能。

支払わなくても会社の存続は可能ですが、忠誠心の低い社員ほど一身上の都合で辞めていくことも。

訓練した社畜は経験値がおいしかったり残業上等で働いてくれるので、大事な社員だけはお金を払うと良いかも・・・?

WorkeMonの評価感想まとめ

WorkeMon

以上、WorkeMonのプレイ評価レビューでした!

最後に面白い点、残念な点をまとめると、

  • 捕まえる社員のバリエーションが多い(151匹)
  • ブラック要素が酷くて笑える
  • コレクション要素もあり
  • 広告が多すぎる

といったような感じ。

ページ移動に広告が挟まるのが鬱陶しくはありますが、ゲームのクオリティとしては一定レベルはありました。

ブラック企業を作ってみたいという方はプレイしてみてください!

ワケモンマスターを目指そう♪

社員が増えていくとお金も増えるのでサクサク進められるよ!

WorkeMon

WorkeMon
開発:QuickTurtle Co., Ltd.
料金:無料
WorkeMon
WorkeMon

iOSボタン
Androidボタン